2018/09/06

短期間一人暮らしをする際に契約できる賃貸物件の種類とは

さまざまな理由で短期間だけ一人暮らしをしている人は多いですが、一般的な賃貸物件では短期契約することはできません。では、短期間だけ一人暮らしをしている人は、いったいどのような物件に住んでいるのでしょうか?

ここでは。短期契約可能な物件について、また物件選びのポイントなどをご紹介します。

短期契約できるのはどんな物件?

一人暮らしの場合、短期契約できる物件の種類は、主にマンスリーマンションです。また、そのほかの選択肢としては、シェアハウスが挙げられます。

中には一般的は賃貸物件でも、短期契約が可能な物件はありますが、基本的には契約更新前に退去することはできません。契約期間は2年更新の場合が多く、万が一更新前に解約する場合は、違約金を支払う必要があるときもあります。

一方でマンスリーマンションは、名前の通り1ヶ月や1週間などの短期契約を前提とした物件です。マンスリーマンションでは、あらかじめ入居期間を設定してその期間だけ利用することができます。

アットインなどでは、契約期間はもちろん、延長や短縮にも柔軟に対応してもらえるため、学生や長期滞在の観光、学生、一人暮らしの準備などさまざまな目的で、マンスリーマンションを仮住まいとして利用されています。

なお、シェアハウスの場合は、短期契約できるかどうかはシェアハウスの管理者によって異なるため、あらかじめ確認しておくことがおすすめです。

短期契約するときの物件を選ぶポイントは?

短期契約するときの物件を選ぶポイントとしてまず挙げられるのが、物件の設備です。短期契約になるので、そこまで条件をこだわる必要はありませんが、家具家電が付いているかどうかは重要です。

たとえば、すでに家具家電は持っていて、すべて自前のものを使いたいのであれば、あえて家具家電が備わっていない物件を選ぶ必要があります、一方、とくに家具家電は持っておらず、必要最低限のものだけを持って住みたいのであれば、家具家電付きの物件を選ぶべきです。

また、オートロックはあるかなどのセキュリティ面や、宅配ボックスの有無など、最低限自分がこだわりたい部分が備わっているかどうかもポイントとなってきます。

そして、ほかに重要なポイントとすれば、周辺地域の情報です。物件の周辺地域の環境や治安などについてもよく確認しておくことをおすすめします。物件によっては、液からかなり離れている物件や、コンビニやスーパーが周辺にない物件もあります。立地によって生活のしやすさは変わってくると思うので、短期契約とはいえ、きちんと確認するようにしましょう。

なお、ポイントを抑えて物件を選ぶならば、シェアハウスや一般的な賃貸物件などよりも、マンスリーマンションのほうが選びやすくおすすめです。

マンスリーマンションがおすすめな理由

短期間の一人暮らしにマンスリーマンションがおすすめな理由は、ポイントを抑えて物件選びができるからだけではありません。いざというときも。マンスリーマンションなら安心できるからです。

たとえば、水道やガスなどのトラブルが発生した場合、一般的な賃貸や住宅ではみずから各業者に連絡をして修理・修繕をしてもらい、費用を支払わなければなりません。しかし、マンスリーマンションの場合は、管理会社に連絡をすることで住まいのトラブルに対応してもらえます。

マンスリーマンションは短期契約を前提にした物件であるため、一般的な賃貸よりも人の入れ替わりが多いため、住まいのトラブルは運営会社側が対応するという形がとられているのです。

また、アットインの場合、保険料が賃料に含まれているので、水道やガスのトラブルだけでなく、美品の破損などのちょっとしたトラブルにも対応してもらえます、

たとえ短期契約であっても、一人暮らしをしていればさまざまなトラブルに遭遇するリスクがあります。なので、短期間の一人暮らしには、住まいのトラブルが起きても安心できるマンスリーマンションがおすすめです。

まとめ

  • 短期契約できる物件はマンスリーマンションがある
  • 物件を選ぶポイントは設備だけでなく、物件の周辺環境なども確認すること
  • 住まいのトラブルが起きたときも安心できるのはマンスリーマンション

短期間一人暮らしをするなら、マンスリーマンションを選べばほぼ問題はないでしょう。

ただし、マンスリーマンションも物件によって設備は異なりますし、物件の立地は暮らしやすさを大きく左右する要因となります。なので、条件をこだわりすぎるのはNGですが、自分が暮らしやすい物件であるかどうかはしっかり確認しておくべきでしょう。