2019/07/23

マンスリーマンションとウィークリーマンションの違いや特徴を解説

長期出張や短期間の転勤、地方から都心の大学を受験するときに利用されることの多いマンスリーマンションやウィークリーマンション。「賃貸よりもリーズナブルで便利だから」などの理由から、近年その需要が高まっています。

そこで今回は、短期滞在に最適なマンスリーマンションとウィークリーマンションの違いを解説します。メリット・デメリットや契約時の注意点などをあわせてチェックしておきましょう。

1.マンスリーマンション・ウィークリーマンションとは

短期滞在型マンションには、

  • ・マンスリーマンション
  • ・ウィークリーマンション

の2種類があります。
どちらも「短期滞在型の家具付きマンション・アパート」といわれ、テレビや冷蔵庫、洗濯機、ベッドなど生活に必要な家具・家電が備え付けられています。
また最近は、洗剤やごみ袋、キッチン用品、バス・トイレ用品などの生活備品が揃っている物件が増えているため、入居当日から快適な生活をスタートすることができます。

ビジネスホテルに比べて相対的に費用が安く、駅から徒歩10分圏内の物件が多いため、出張や企業研修、遠方からの受験、海外からの一時帰国時、新築時の仮住まいなど、さまざまな用途で利用されています。

1-1.マンスリーマンションの特徴

マンスリーマンションとは、その名の通り「1カ月単位」で借りることのできる賃貸住宅のことです。
1年以上の長期間の契約を結ぶ一般的な賃貸マンションは、原則「借地借家法」が適用されますが、マンスリーマンションは1年未満の契約を交わすケースが多いため国土交通省が所轄する「定期借地権法」が適用されます。

また、管理会社によって多少異なりますが、旅館業として許認可が必要なウィークリーマンションにはない事前申し込みや入居審査、保証人を求められることがほとんどです。
敷金・礼金・仲介手数料を支払う必要がなく、賃貸マンションに比べて初期費用がリーズナブルなマンスリーマンションは、家具付きの賃貸住宅と同じような感覚で滞在することができます。

1-2.ウィークリーマンションの特徴

ウィークリーマンションとは、「1週間以上~1カ月未満」の契約期間で借りることのできる賃貸住宅のことです。
1カ月未満という短いスパンでの契約のため、厚生労働省が所轄する「旅館業法」が適用されます。

マンスリーマンションと同じように敷金や礼金などの初期費用を支払う必要がなく、保証人を求められる心配もありません。ただし、管理会社によっては三親等以内の緊急連絡先を求められることがあります。
ウィークリーマンションは1週間以上の滞在を前提としているため、シーツの交換や掃除といったルームサービスはありませんが、ホテルのような感覚で滞在することができます。

契約期間
  • 一般的な賃貸住宅:1年以上
  • マンスリーマンション:1カ月単位
  • ウィークリーマンション:1週間以上~1カ月未満
適用される法律
  • 一般的な賃貸住宅:借地借家法
  • マンスリーマンション:定期借地権法
  • ウィークリーマンション:旅館業法
管轄
  • 一般的な賃貸住宅:国土交通省
  • マンスリーマンション:国土交通省
  • ウィークリーマンション:厚生労働省
初期費用
  • 一般的な賃貸住宅:敷金・礼金・仲介手数料など
  • マンスリーマンション:なし
  • ウィークリーマンション:なし
保証人
  • 一般的な賃貸住宅:必要
  • マンスリーマンション:必要
  • ウィークリーマンション:不要

2.マンスリーマンションとウィークリーマンションのメリット・デメリット

生活の多様化に伴い需要が高まっている短期滞在型マンションのメリット・デメリットを、一般的な賃貸住宅と比較しつつ解説します。

<メリット>

  • ・一般的な賃貸住宅のように2年契約の制約がない
    一般的な賃貸住宅には、基本的に2年契約などの制約があります。この契約期間中に解約をすると、退去時に解約費用を支払わなければならないということもあります。しかしマンスリーマンションやウィークリーマンションには、このような制約はありません。
  • ・生活に必要な最低限の家具や家電が備えつけられている
    マンスリーマンションやウィークリーマンションには、家具や家電が備え付けられていることが多く、引っ越しをしたその日から快適な生活を送ることができます。
  • ・一般的な賃貸住宅に比べて初期費用を抑えた入居が可能
    マンスリーマンションやウィークリーマンションは、敷金や礼金、仲介料金といった初期費用はもちろん、水道光熱費や退去時にかかる清掃費がすべて賃料に含まれています。
  • ・独立性やセキュリティ面が安心
    マンスリーマンションやウィークリーマンションにはキッチンが備え付けられており、ホテルよりも過ごしやすいプライベート空間が手に入ること、女性一人でも安心して生活できるセキュリティの高い物件が多いことも特長です。

<デメリット>

  • ・周辺の一般的な賃貸住宅に比べて賃料が高く設定されている
    家具・家電が備え付けられていることや、初期費用が不要であること、清掃費や光熱費が含まれていることを加味すると、マンスリーマンションやウィークリーマンションの方が安上がりになることも珍しくありませんが、基本的に賃料は高めに設定されています。
  • ・近隣住民とトラブルになる可能性がある
    一般的な賃貸住宅に比べて入居審査が甘いため、近隣住人とのトラブルに発展するリスクが高い傾向があります。できるだけ入居前にどのような人物が住んでいるのかリサーチしておきましょう。

また、マンスリーマンションとウィークリーマンションそれぞれのメリット・デメリットは以下の通りです。

マンスリーマンション ウィークリーマンション
メリット
  • ・滞在期間に応じて、1カ月ごとの延長契約ができる
  • ・入居時の審査が厳しくない(未成年の場合は保証人が必要なケースが多い)
  • ・ホテルを予約するような感覚で手軽に借りられる
  • ・ホテルと違って自炊や洗濯ができるため経済的
デメリット
  • ・入居前に家賃を一括払いしなければならないため、長期入居の場合は支払いが高額になる
  • ・途中解約の違約金が高い
  • ・部屋の掃除やゴミ出しを自分でしなければならない
  • ・長期滞在すると高額になる

3.マンスリーマンションとウィークリーマンションを借りるときの注意点

一般的な賃貸物件に比べて入居へのハードルが低い分、契約前には事前に確認しておくべきことがいくつかあります。
実際に短期滞在型マンションを借りる際は以下の点に注意しましょう。

  • ・周辺環境をチェックしておく
  • ・契約内容を確認しておく
  • ・住民票の移動や転送届を忘れずに行う

3-1.周辺環境のチェック

ホテルに泊まるような感覚で利用するケースの多い短期滞在型マンションは、実際に物件を見に行くことなく契約することがほとんどです。
入居者は頻繁に入れ替わるため、隣人トラブルを100%回避することは難しいかもしれませんが、地図アプリを使って周辺環境を調べたり、大きな幹線道路をチェックするなど、できる限りシミュレーションしておきましょう。

3-2.契約内容の確認

短期滞在型マンションの契約では家賃を一括前払いするのが一般的です。
しかし、一括払いをしたあとに途中解約する場合、金額の返還を受けられない契約になっていることも少なくありません。

通常、不動産業者が仲介する物件は重要事項説明が行われます。
一方でマンスリーマンションやウィークリーマンションといった短期滞在型マンションの大半は、物件の所有者と利用者が直接契約を結ぶため、重要事項説明が省略されてしまいがちです。
面倒な手続きがなく手軽に借りられる反面、解約時の手続きや違約金の規定などのトラブルが発生するリスクがあることを忘れてはいけません。
契約時はしっかり契約内容を確認しましょう。

3-3.住民票の移動や転送届

住民基本台帳法第22条により、引越し後14日以内に住民票を移動させなければならないと定められていますが、マンスリーマンションやウィークリーマンションは短期滞在を前提をしているため、基本的に住民票の移動はできません。
ただし1年以上の長期契約の場合、住民基本台帳法第22条の対象となるため、住民票を移動できることがあります。

また、郵便物の転送届は役所ではなく郵便局に提出する書類のため、住民票の移動は不要です。転送届はインターネットや電話でも手続き可能です。
マンスリーマンションに1カ月以上住む場合は、クレジットカードや免許証などの住所変更をしておきましょう。

出典元:郵便局「転居・転送サービス」https://www.post.japanpost.jp/service/tenkyo/

詳しい内容は郵便局のホームページ、もしくはマンスリーマンションに住民票は移動すべき?そのほかの住所変更は?をご確認ください。

まとめ

短期間の滞在に最適なマンスリーマンションやウィークリーマンションには、「手軽さ」「セキュリティの高さ」「プライベート環境の充実」といったメリットがたくさんあります。

しかし便利な反面、「家賃の高さ」や「周辺環境が把握しにくい」といったウィークポイントがあることを忘れてはなりません。
短い期間ではありますが、少しでも快適な滞在できるように今回ご紹介した注意点をおさらいしておきましょう。

また、マンスリーマンションとウィークリーマンションの利用シーンや費用に関しては、マンスリーマンションと賃貸の違いとは?契約・費用などを徹底比較をご確認ください。